【futureshop】でGoogleコンバージョンタグを設置する方法

sponsored link

futureshop(フューチャーショップ)でGoogleコンバージョンタグを設置したので、その時の備忘録。

設置は「グローバルサイトタグ」と「コンバージョンタグ」の2種類。

設置する箇所

Google系のタグは、head内に設置する必要があります。
futureshop(フューチャーショップ)では、様々な設置方法が用意されていますが、結論から言うと「任意測定タグ」を使います!

任意測定タグを使うと、「商品一覧ページ」「商品詳細ページ」「ショッピングカートページ」「注文完了ページ」のそれぞれにタグの設置が可能です。

「商品一覧ページ」「商品詳細ページ」「ショッピングカートページ」にはグローバルサイトタグのみを入力し、「注文完了ページ」にはグローバルサイトタグとコンバージョンタグを入力しました。

失敗例

まず、グローバルサイトタグを全ページに設置したかったので、「Google設定」で全ページのhead内に設置しました。

そして、「広告測定設定」にてコンバージョンタグを設置しました。

そうすると・・・「広告測定設定」に入力したタグはなぜかhead内の一番上!に出力されるので、グローバルサイトタグよりも上にコンバージョンタグが出てしまい、測定ができなかったのです。

結論

「グローバルサイトタグを全ページに設置」を諦めて、「商品一覧ページ」「商品詳細ページ」「ショッピングカートページ」「注文完了ページ」だけで効果測定を行うべし。

その他のページ?

「商品一覧ページ」「商品詳細ページ」「ショッピングカートページ」「注文完了ページ」以外のページというのは、「特定商取引法ページ」や「個人情報保護方針ページ」などです。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA