小夏

夏の訪れ【高知県産・小夏】を食べてみた

小夏

皆さんは小夏(こなつ)って果物知ってますか?

私は今回食べるまで知りませんでした(笑)

私の出身は長崎県なんですが、小夏は出回っていない気がします。

※普通に売ってたらごめんなさい(笑)

↓こちらが小夏↓

小夏

見た目はちょっと大きいミカンです。

これまた知人にいただきました。

食品関連の仕事をしていると頂き物が多く、勉強になることもたくさんあります。

頂いた知人曰く

「黄色い皮を薄く包丁で向いて、醤油を少し漬けて食べたら美味しいよ♪

塩を漬けて食べるのもお勧めだよ♪白い薄皮と一緒に食べてね♪」

(ぜっっっっっっったいウソだ!!!!)←心の声

薄皮は綺麗に向いて、そのまま食べた方が美味しいに決まってると心の中で思いました。

心の声が漏れていなかったかが気になります…

まあ一度食べてみようという事で、10個程いただきました(笑)

 

切ってみると

とりあえず言われた通りに黄色い皮を包丁で薄く切っていくことに。

↓切った後がこちら↓

小夏を切った状態

すみません。黄色い皮だけを切った状態で写真撮るの忘れてました…

こちらの写真でも、白い薄皮を多く残してるのが何となくわかっていただけますでしょうか?笑

写真は2個分向きました!

言われた通りに塩と醤油を準備し…

塩

 

醤油

何と素直な心を持っていることか♪

さあ実食!

気になるお味は

まずは何もつけずにそのまま実食!

 

あまーーーーーーい!

しかも白い薄皮がふわふわしていておいしーーーーーい!

私に小夏を分け与えて下さった知人様よ。ありがとうございます。そしてごめんなさい。←小さい声で

 

凄く爽やかで甘味のある清涼感たっぷりの果物!

新感覚でした♪

 

では塩をつけると…

これまた美味しい♪

若干酸っぱさがあるのですが、これが気にならなくなります!

塩を漬け過ぎると飛び上がる羽目になりますので、ご注意を。

 

醤油は?

一番おいしいかも(笑)

なぜ?

果物と醤油?なぜ?

理屈は分かりませんがとっっても美味しい!

白い薄皮部分にほんのりと醤油を染み渡らせて食べると超絶美味しいです!

 

まとめ

・小夏は高知県産の果物で4月~6月頃に収穫できるようです。

・土佐市や宿毛市が主な産地になっているそう。

(私の大好きな坂本竜馬さんも小夏を食べてたのだろうか。密かにロマンを感じてます。)

・黄色い皮は薄く包丁や果物ナイフで剥き、白い薄皮をなるべく多く残すこと。

↑これが一番重要なポイント!

・塩や醤油に漬けて食べると美味しい。

(もちろんそのままでも大変美味しい果物です!私の一押しは醤油!!笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA