カスタムフィールドでデイトピッカーの出力フォーマットをカスタマイズしてみた

sponsored link

カスタムフィールドでデイトピッカーを使う際に、一覧では「6/28」と表示して、詳細ページでは「2016年6月28日」と表示する…というふうに、出力フォーマットを表示場所によって変更したかったので、やってみました。

datepicker

<?php
	$date = date_create(get_field('ad_date'));
	echo date_format($date,'m/d');
	echo date_format($date,'Y年m月d日');
?>

今回はAdvanced Custom Fieldsというカスタムフィールド作成プラグインを使用した場合のソースです〜。
デイトピッカーのフィールド名をad_dateにしているので、get_field(‘ad_date’)でデイトピッカーの値を取得しています。

date_format関数で、取得した日付の出力フォーマットをカスタマイズ。上に書いた以外でも色々できますね。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA