WordPressのカスタムフィールドで設置しているバナーリストのクリック数をイベントトラッキングで計測してみた

HPに設置しているバナー。どれくらいクリックされているのか気になる時ありますよね。そこで、Google Analyticsのイベントトラッキングという機能を使って、クリック数を計測してみました。

設置方法は下記の記事に詳しく書いてあります!(笑)

「少し玄人ぶって、Googleアナリティクスのイベントトラッキングをサイト改善に使ってみよう!」(ウェブさえ)
http://websae.net/ga-event-tracking-20140407/

要するにaタグにonclickで下のように書けば、カウントされるというわけなんです。

<a href="リンク先のURL" onclick="ga('send', 'event', 'カテゴリ', 'アクション', 'ラベル', 値);">リンクテキスト</a>

ここからはこれをWordPressテンプレート仕様に。

わたしの今回の場合は、「バナー管理」というカスタム投稿タイプに、「画像(bnr_img)」、「リンク先(bnr_url)」、「新規タブで開く(bnr_target)」、「クリック数計測(bnr_tracking)」の4つのカスタムフィールドをつけました。

そしてテンプレートがこちら。

<a href="<?php echo post_custom('bnr_url'); ?>" <?php if (post_custom('bnr_target')){ ?>target="_blank"<?php } ?> <?php if (post_custom('bnr_tracking')){ ?>onClick="ga('send', 'event', this.href, 'click' );"<?php } ?>><img src="<?php echo post_custom('bnr_img');?>" alt="<?php the_title() ?>"></a>

これソースコード見難いですよね。
ダブルクリックで全選択できるので、コピーしてどこかに貼り付けて見てくださいw

個別にonClickを設置する方法とは違い、ラベルの指定が個別にできないため、「this.href」という裏ワザを使いました。

そのバナーの飛び先のURLがラベルになります。

eventlabel

一番上の「to use this feature visit: Event-Tracking.com」というのはスパムらしいです。フィルタすればカウントしなくなりますが、過去のものは残ります。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA