山口県民の地元愛なめんな

この記事はやまぐちの魅力 Advent Calendar 2016のエントリーです。

まずはじめに、わたしと山口県のかかわりから。

生まれ〜高校:防府市
大学:宇部市
就職:防府市
現在勤務:山口市(通勤40分)

ずーっと山口にいるので、地元が大好き(離れたくない)です。

今日はわたしが思う、やまぐちの魅力を紹介します!

1.地元愛

ゆるキャラグランプリ2012で全国2位になった、みんな大好きちょるる。

bn120x40

知名度もなにもない、そこまでかわいいわけでもない、クソ田舎の山口県の国体キャラクターがなぜ全国2位まで上り詰めたのか?

それはもう、いろいろなところで言われていましたが、「組織票」でしょ。

山口県民の、団結力?地元愛が、ちょるるをそうさせたのだと、わたしは思います。

実際に、わたしも2012年のゆるキャラグランプリ、毎日ちょるるに投票していました。

偏った地元愛、バンザイ\(^o^)/。

2.本州と九州をつないでいる

そこそこ栄えた広島県と福岡県に挟まれて、いつも「通りみち」になっちゃう山口県。

県外に出た時に、「山口から来ました!」と言うと、「あ〜この前福岡行く時に通った!」とか言われる。

yamaguchi

逆に言えば、陸路では山口を通らないと本州と九州の行き来ができない!!

山口県が鎖県(鎖国)したら、えらいこっちゃやで。

3.山口弁が標準語に近いと自負している

九州の訛りとか、東北の訛りとか、関西弁とかに比べたら、山口弁って標準語に近い!って結構な人が思っている。

でも、全然近くないよ。早く気付いて。

よく県外の人に「〜ちゃ」をラムちゃんって言われるけど、「〜だっちゃ」とは誰も言ってない。

ラムちゃんじゃないっちゃ。ラムちゃんじゃないっちゃ〜や!


▲ラムちゃん描いたつもりが、わたしみたいに貧乳になってしまったw

以下よく使う方言(「標準語」)

〜なんちゃ(「〜なのよ」)
ぶちえらい(「とても疲れた」)
〜ですいね(「〜ですよ」)
〜しちょる(「〜している」)

わたしはずっと山口にいるので、基本バリバリの方言で喋る。

「ちょる」はやっぱり可愛いと思う。

「なんしちょるん?♡」

とか、かわいい女の子に言われたい。言われたいよ。

4.人がいない

駅のホームとかスカスカ。

電車で座れることのほうが多い(時間帯によるけど)

景色がいい場所とか、すごい魅力的なところいっぱいあるけど、ほぼ貸切状態。

hitoinai
▲きららビーチ焼野(山陽小野田市)

デートもしやすい。

山口県で並ぶことなんて、新幹線に乗るときくらいじゃない?

その結果、わたしは並ぶのが本当に苦手で、テーマパーク(ねずみ)も嫌いだし、

コンサートとかライブとかも、できれば行きたくない…という子に育ってしまいました。

人混み無理。

5.中途半端

何をするにも、中途半端。

ちょるる、2位だし。

山口県はふぐふぐって言われるけど、漁獲量、全国4位です。

県庁所在地でもない下関市が有名だし。

2009年の記事だけど、山口県といえば浮かぶものランキング – gooランキングでは6位に津和野が入る始末。

津和野、島根県だから!!

いろいろな全国ランキングではいつも中途半端な20位前後。

すごい中途半端!!!

歴代内閣総理大臣を全国最多輩出しているにも関わらず、あまり目立たず中途半端。

itohirobumi
▲初代内閣総理大臣、伊藤博文公の資料館(光市)

道路はキレイだし、変なところに新幹線止まるけどね。

 

だからこそ、もっと山口県を盛り上げたいなって思うんですよね。

魅力、いっぱいあるのに、出せてない。

もったいない。

脱いだらすごいんですよ。

脱いでいこうよ山口県。


※散々な言い方したけど山口県が大好きだから言えることなので!ご愛嬌ということでw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です